« 2007年1月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年2月 7日 (水)

久々にPCを組み立て(AMD)

ずっとメインにWindows 2000を使っていて、2003年を最後にPCの組み立ても止めていたのだけど、VISTAの発売に合わせてWindows XPを確認用サブPCから、メインPCに昇格させる事を決意して適当なPCを作成することを計画!!

マザーは1万円のALiveNF6G-DVI、オンボードでGeForce6100が有り GigabitLAN付き、コンデンサーにあまり評判のよくないOST製品が使われているが、気にせず購入。
CPUはAthlon64x2 4600+、メモリは DDR2-800 512MB2枚、SATA HDD 300GB。
電源など周辺機器はどこかから引っ張り出してきて、使用するので出費の合計は6万程度で済み。
最近のBIOSではUSBのCD-ROMでもBootしてインストール出来るので一つ持っておくと便利かもしれない。

マザー   1万円
CPU     2.6万円
DDR2    1.4万円
HDD   1万円

いざ買う段になってはじめて知ったのだけれども、Socket AM2はCPUクロックに対して、2/nでDDRⅡのクロックが連動するので、CPU選びには注意する必要がある。

Athlon64x2 4600+の場合、クロックが2.4Ghzで

DDR2 800=800Mhz(÷3  2/6倍)
DDR2 667=600Mhz(÷4  2/8倍)
DDR2 533=533Mhz(÷4.5 2/9倍)

となるので、667を選ぶとメモリのパフォーマンスが一割落ちる計算になる。

これが4200+の場合、2.2Ghzなのでベストパターンがない。

DDR2 800=733Mhz(÷3  2/6倍)
DDR2 667=629Mhz(÷3.5 2/7倍)
DDR2 533=489Mhz(÷4.5 2/9倍)

そのため4200+は購入候補リストから外す事になった。

~~~
結局拡張スロットはひとつも使わなかったので簡単に組み立てられました。
それにしても最新のマシンでは、ゲームもスカスカ速く動きますねぇ。ビデオカードを買う必要もないみたいです。
ただ残念ながら3DMark2006は遅くてマトモに動かなかったけど、とりあえずコストの割には満足のいくモノになったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年7月 »