« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

Vocaloidエディタ・GENパラータ編集の挙動がおかしいな

なんだかな~VOCALOID2エディタで、バグらしいバグを発見してしまった。
Googleの時といい、なんかこういうのに?よく当たるんだよなぁ。

エディタ部分はYAMAHAで作成しているので最終的には、あちらで修正する訳ですが、一応ユーザー登録と一緒に、クリプトンさんのほうにバグ報告しました。

タイミングが悪いと言うかなんというか・・・対応は年明けからになるでしょうから、それまでの間に同じ現象に悩まされている人が他に出てもいけないので、一応現象対策を書き残しておきます。

この現象がおきてしまった後、ラインツールで線を引くと、櫛の歯が抜けたように一部のパラメータが0になります。
※聴いてみると、とんでもない音になりますよ
Kusi
一度こうなってしまうと、もう消しゴムで消そうがフリーハンドで描こうが、該当する場所は0になって、どうにも成りません。再読み込みをしても再現します。

肝心の何故なぜこうなるのか?という事ですが、それは不明です。
普通にGENを操作していたら、そうなったとしか言いようがありません。
現状での解決策は小節を挿入し、GEN以外のパラメータを移して、GENを一度捨てるしかないです。

データ依存という事は分かっているので、来年早々には対応してもらいたいですが、簡単に直るのかなぁ?
次のパッチ当てまでに修正が間に合って欲しいところです。

今回は、この不具合で困った方だけが検索でココに到達してくれれば、良いと思うので、さほど騒がない方が良いかとも。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

鏡音リンの音素地雷 除去中

リン・レン音素問題の自分なりの解決法が一つ浮かんだので報告。

まずリン・レンについては、とにかく繋がりの悪い音素があるので、ソコの回避からです。
変な訛声や、こもったりする音は、母音注入で半数は解決しそうです。

具体的には「めー」ならば「め+え」にします。

自分はコレで地雷原を突破して、それから表情付けをする事にしてます。

初音ミクはいわゆる、ハンドルの遊びならぬパラメータの遊び?も広い為、意外といい加減な調整でも良かったんだけど、どうやら初音ミクでは効きの悪かったパラメータも、鏡音リン・レンでは良く効くようなので細かい設定も必要ですかね。

表情付けも多分ミクと同じところも有るんだろうけど、まだまだ試行錯誤中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

鏡音リン・レンのファースト・インプレッション

本日、会議終わりで帰る途中に秋葉原に拠って普通に購入しました。
アキバでは在庫も結構あるので、週末までは売り切れる心配はなさそうです。イベント事で東京に出てくる人は、その時に買って帰ってもいいかもしれません。
(30日には、某イベント会場でクリプトンさんがお店出すので、売っていれば其処で買うという手も・・・)

恒例なんで、一応ファーストインプレッションと行きますが、リンは難しいですわぁ。
ミクのVSQは評判どおり、ウチでも全滅ですね。
使い回し出来ません。。。

使った感じ、とりあえず高音部はナカナカ安定しているので、とかちっぽい化粧も出来そうです。
カツゼツがいいので、確かに速いテンポの曲もいけると思いますが、その分だけ繋ぎ目を丁寧にしないといけないので結構苦労しそうです。

低音部は綺麗で良いんだけど、音によって結構まずい部分もありました。
もしかするとリンは、地雷を避けるような作詞が求められるかも。
これからも検証が必要ですね。

いや~デモが何故ああなったのか良く分かりました。
大変なじゃじゃ馬娘です。

(追記)
使い回そうとするのではなく、まっさらから新しい物を打ち込むと結構マシになるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

公式ブログにて鏡音レンのデモムービー現る

先ほど(23日深夜24時すぎ)動画で公開されてました。
動画はピアプロの投稿動画のスライドショー形式になっています。

曲・・・と言うか声の調整の出来ですが、特にコレと云って言う事はありません。まだ、セカンドインパクトは無いですね。
巷では色々言われてますけど、デモは声質さえ分かれば良いし「クリプトンさん=VOCALOIDの達人」が誤解だ言う事も、MEIKO時代から自分は納得しているので、その辺は良しとしています。
(デモのレベルが高すぎても色々と。。。)

以前の記事で下田麻美さんのジェンダーファクターを上げた感想を話したのですが、声は、それに比べると澄んだ感じがしました。
コレはコレでいいと思います。
なんとなく、所属事務所HPのボイスサンプルの男の子に似ている感じでした。http://www.artsvision.co.jp/data.php?id=1007[別窓]

まぁ、もう少し太い声でも良かったのでは?と思いましたけど、それは曲制作者が、それぞれ自前で何とかすれば良い事ですよね。
結構!?身内やオーディエンスの方々にも評判良かったので、自分はどうにかして、その「ちょい太めの声」を作って、やって行くつもりです。

公式ブログ::動画のある記事
http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/vocaloid2_21.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

鏡音リンのデモ(ショート版)聴きました

ファーストインプレッションの感想としては、ミクとの差異があまり無いという感じでした。
もっとブラス系に近い声を予想していたんだけど、予想より丸い音色でしたね。
だた、ジェンダーファクターを変えると、もっとブラスっぽくなるかも知れないです。

もっとも、よくよく聴くと違いはかなり有りますし、スッピンのリンとミクは倍音成分も結構違います。
基本的に別物なのに、なぜ自分がミクに近いと感じたのか色々考えてみたんですよ。。。
結局、歌い方の問題と、もう一つ、ミクの声に化粧をかけて自分の理想系の声に仕上げようとすると、リンのデモの声に自然と近づいてくんじゃないかと言う結論に達しました。

特に歌い方は、同じ人間が作ると、どうしても似てしまうので意識的に性格付けをする必要がありますね。
とにかく、8日後には発売されるので、そのときにいろいろ実験します。

それにしても、あまりにもデモの公開があっさりしすぎているので、何か隠し玉がありそうですね。
個人的には、腹式で別録音したという「鏡音レン♂」は、相当なモノだと踏んでます。

とかちのジェンダーを上げた声の感じも結構良かったんで、セカンドインパクトの期待も高まっておりますよ。

デモのあるブログ記事
http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/vocaloid2_19.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

リン・レンの声は調整次第で、アイドルマスターの、あのキャラの代用が出来るかも

鏡音リン・レン(CV:下田麻美)の人の生声のWAV(クリプトンさんは無関係)が手に入ったので、お遊びで?試しにジェンダーエフェクトで男声にして喋らせてみたんだけど、なんか聴いているうちに、アイマスのキャラに似た声がありそうだな~と感じたので、とりあえずニコニコで他のキャラの歌声を色々聴いてみたんだけど、2人ほど該当する声がありました。

自分の感覚では、強めにすると「真」で弱めにすると「千早」の声に近くなる感じでしたね。
予想以上にパラメータによる声質の遊びが出来そうで、職人さんの腕が鳴るんじゃないでしょうか?

当然、公式の声じゃないので、予想も外れるかも知れないですけど、アイマスキャラ3人分が作れるなら、結構面白いことが出来そうですね。

来年は、VOCALOIDを使ったアイマスのMADが作品が増えるかも?

それにしても早く本物のサンプル音声を聴きたいものです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

鏡音リン♀・レン♂ 発売日は12月27日

公式のブログによると、鏡音リン♀・レン♂の発売日が12月27日に決定したとの事です。
仕事納めも済んでちょうど良い日付かな・・・また発売後すぐに手に入れる事になるでしょうね。
そのちょっと前には、SONAR7も発売されている筈なので、今月は結構な出費ですワ・・・・
それにしてもデモソングはまだのようですが、今回は大変そうです。

・リンのソロ
・レンのソロ
・リンとレンのデュエット
・リンとレンを融合したソロ(鏡音リレン)

これらの4つが必要かも知れないので、2人になると苦労も4倍って事かな?

ほっといても発売後には、動画サイトの方に、色々と上がってくると思うので、デモを聴かないと・・・という人は、年明けまで待つのもアリかも知れないです。
そうそう、MEIKO時代からの人間なので、今ドキの現象は当時は考えもしなかったんだけども、ミクから入った擬人化推進派?の友人からすると発売日は誕生日と解釈しているそうです。
そのとき話に上った、日本語ヴォーカロイド達の誕生日(発売日)を一覧にしてみました。

vocaloid  MEIKO      11月 5日 (2004年) さそり座   
vocaloid  KAITO       2月17日 (2006年) みずがめ座
vocaloid2 初音ミク      8月31日 (2007年) おとめ座 
vocaloid2 鏡音リン・レン 12月27日 (2007年) やぎ座
※公式サイト(vocaloid.com)では、微妙に日付がズレているので注意!

興味のある方は、キャラ形成の足しにでも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

PD曲10(ten)メドレー vo.初音ミク「.Vsq篇」

PD曲10メドレーの.vsqのメインページです。

mp3のダウンロードをしていない人は、ひとまず前記事のPD曲10(ten)メドレー vo.初音ミク「mp3篇」から入ってください。
曲の.vsqデータの公開は初めてなので、公開するにしては、ちょっとデータは荒っぽいかもしれませんが筆使いと一緒で最初の勢いって意外と大事だったりするんですよね。
それに上手い下手はともかく、とりあえず他人のデータを見るのって、ステップアップの早道じゃないかとも思います。

で本題ですが、個別解説はまた別の機会という事で、今回は全体についての解説をします。

まず、ミクを上手く聴かせる為には、最低でも・・・

1.表情付け(調声)
2.化粧(コンプ・リバーブ・ディレイ等のVSTのエフェクタ類)
3.装飾(アレンジ・オケによるゴマカシ)

のステップが必要なのですが、VSQの公開では、1までしか出来ません。
化粧と装飾は、ミクに関係なくスキルは積めると思うし、とても一人じゃまとめ切れないので、ここは自分よりスキルのある上級者のどなたかに譲ることにします。

今回のVSQについては基本的には、音符バーとDYN、それと表情コントロールプロパティに注目してください。
癖のある部分には、殆んどと言っていい程、母音の分割が入っていて、プロパティの表情ピッチコントロールも変わっていると思います。
ポルタメントっぽい表現も多々ありますけど、だいたい母音の分割を使っているので、意外にPITは使わ無い事が多いです。
声を伸ばす時も、ある部分から母音に変えると良い効果が出ることもあります。

ひとまずmp3を聴きながら、気になる部分が、どうやっているのか見てみると良いかもしれません。

出力したVSQを合わせられる様にインストMP3も入れておきます。
PD曲10(ten)メドレーVSQセット(2.3MB)をダウンロード
※残念ながら鏡音リンには対応できませんでした。

Vsqに関する具体的な質問などは、コメント欄にでも入れておいてください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年12月 9日 (日)

PD曲10(ten)メドレー vo.初音ミク「mp3篇」

.VSQを公開するにあたって、なじみの無い自作曲や、一応違法になるコピー曲は選択肢から外したので、必然的にPD曲になりました。
ちなみに1曲ではツマラナイので著作権切れの曲を10曲程メドレーにして、まとめる事にしました。
一般人受け狙いの選曲なので、動画サイトでは多分?(曲メインでの)ウケは悪いだろうから、しばらくUPは自重します。
(画像メインの動画でこの曲を使いたい人はメールか、または事後にコメント欄にでも)

詞の著作権が残っているものは、替え歌(作詞)にしてます。

【一覧】
・うらしまたろう
・きしゃポッポ
・ねこふんじゃった(みく買っちゃった)
・しょじょじのたぬきばやし
・でんでんむし
・ゆうやけこやけ
・しゃぼんだま
(・・・7曲目まで)

・シークレットx2
・シークレット「作詞(替え歌)」x1

そりゃ、プロや上級者には敵いませんけど、一定のレベルには至っていると思います。
あと、シークレット3曲は隠す程の代物では無いですが、全部見せるのも面白くないので、どんな歌か試しに聴いてみてください。
歌い方は、某公共放送の歌のおねぇさん的な感じにして、後半に行くほどノッてきて、歌を崩した感じになっていきます。

「pd10メドレー」mp3をダウンロード(02:31秒 128kbps 2.3MB)
歌:vocaloid2 CV01 初音ミク

オマケでAAC(m4a)版も用意、ipodや対応している音楽ケータイで再生できますが、正確にいうと「着うた」ではないのでお間違いなく。
「pd10メドレー(AAC)」m4aをダウンロード(2.3MB)

コンタクト
注1)業者のメアド収集防止のためjavascriptを使用。

PD曲の確認は、ジャスラックのDBにて行いました。
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

相変わらずの、こっそり公開でしたが、次の記事はVSQダウンロード篇です。

mp3に関しては、こちらの記事にコメントをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 6日 (木)

「初音ミク」google画像検索、消えたハンコがまた復活って・・・

実は昨日の夜中(日付は今日だけど)に「ハンコ」が消えて24時間が経過した事を記事に書いたんだけど、今日になったら??なんか復活してますね。

グーグル八分は計算式による「偶然の産物説」を採っている人間なんで基本的には信じない方なんですが、今回はタイミングが良すぎてGoogleの人が朝出社してから、昨日の記事を読んで慌てて復活させたんじゃないのか?と疑いたくなる動きでした。

検索に係るワークフローのプログラミングにおいて、人為的なモノが入る余地はあるのかも知れないし、単に昨日の記事を書いた事によってページランクや計算結果の微妙な変化が生じて、また戻ってきたのかも知れない。。。他にも、いろいろと想像を巡らせてしまいます。

いや、それとも検索アルゴリズムの関して、例えホンの少しでもヒントを与えたくない、という意思が働いているのかも知れないですね。


そんな事よりも、こちらとしてはVSQ公開用の曲のほうが大事なんです。
公開は今度の週末で、PDメドレーのほうも10曲程選曲して作り込んでみました。
どうぞお楽しみに!

【おまけ】
Yahoo!の画像検索では、いまだにアッコ事件ネタを引きずっているみたいですね。
個人的には検索結果の上位がアレなのはどうかなと・・・

12/8 追記
この記事を書いたら、次の日に、またgoogleから消えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【報告】google「初音ミク」画像検索からハンコが消えました

「初音ミク」の画像が消えてから、約49日が過ぎ去りましたが、とうとうハンコが消えて、ウチのページがグーグル八分となりました。
コレで画像検索のクロールからDBの更新までが50日前後と判明しましたね。

実際表示されなくなったのは、4日の夜からだったのですが、念のため24時間ほど泳がせてみました。
なぜかというと、「オタリーマン」のロボットの画像も一時的に消えて1日後に復活したという事実が以前あって、あまり先走りしすぎると!?騙されるかも知れないと判断したからです。
そんでもって今日、戻りそうも無いのが一応確認できたので記事にしてみました。

以前ブログとかSEO対策のサイトが検索システムの天敵だというのも書いたことがありましたが、相性の良さそうなサイトというのもあります。
先日クリプトン直営のサイト「ピアプロ」http://piapro.jp/がオープンしました。ユーザー交流用素材置き場としてオリジナル曲や画像などが投稿できます。
ただ、あのような投稿画像をリスト化するサイトとは相性が良すぎて、悪い意味で古い画像検索システムのがん細胞を隠蔽しそうな気がしてなりませんけど。。。

とにかく、私の中でも一段落したという事になりました。
お祭りも終わったので(また騒がれるかも知れませんが・・・)しばらくは静かに過ごしたいと思います。

Ps..「google八分」
万が一!?冗談とは受け取らず本気にしている人が居るかも知れないので。。。
google八分といっても、あの画像は、システムのバグで上がってきたもので元々あってはならない画像な訳です。
他にもウチのブログには初音ミク画像があるのですが、それらはalt属性に「初音ミク」の文字を入れてあって、結構後ろの方ですが2つ程上がっています。
通常の検索結果でも、ハブられていないのでご心配なく。

とりあえず、やっとまともに検索出来る様になったと言う訳ですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

Vocaloid2 CV:02 双子シンガー鏡音リン♀・レン♂

最初はちょっとびっくりしました。
冷静に考えれば、ジェンダーを変えて男声を作るのはMEIKO時代からも出来た事で、ソレが出来ないのはVOCALOID2のエンジンの特性なのかと思ったら、たまたまミクが苦手だっただけなんですね。

まぁ基本、ジェンダーを上げでピッチを下げると男声は作れるので、ちょっと応用してレゾナンスなども取り混ぜて3人ほど男声を作った事もあります。
MEIKOは声のカスタマイズがしやすくて、たとえばこんなバリエーションが出来ました。

[Mar] ちょい濁(だみ)声風、[Tsuyosi] 鼻声風、[Macky] 槇原敬之氏風?

レゾナンスは1から4まであって、それぞれ第1フォルマントから第4フォルマントに対して、レゾナンスが掛かる感じです。
(コレはあくまでカスタマイズした声をフーリエ解析した結果から推測したモノなので、正しいかどうかは分かりませんけど。。。)
カスタマイズ次第では、KAITOそっくりな声すら出来そうな感触で、逆にここが旧ボーカロイドの最後の砦?になるのですかね。
ちなみに、VOCALOID2ではレゾナンスは廃止されているので、このテの事は出来なくて、デフォルトの声をそのまま使うしかないです。

そういう意味で個人的には音源的に、さほどサプライズは無かったのですが、とりあえず今回はCVシリーズのキャラを用意する事がサプライズだった訳ですね。
双子と言うことで名前にもR・L縛りがあったみたいで、配置も向かって右にリン(RIN)・左にレン(LEN)となっていたのを見てヤルナとか思いました。

今度は男声MEIKOとレンを混ぜて何か作るのアリかと考えてます。

後日、DTMマガジン情報より・・・・
正真正銘の二卵生双子だと言うことが分かりました。一卵性双子説は訂正します。
レンは腹式で量感のある声を録ったとの事で、ジェンダーを下げて女声にすると、発声法を変えた「リン」として歌声を混ぜられそうです。

さらに声の加工して独自な声を作る事もしやすいとの事です。
個人的にはMEIKOのように色んな声に使えそうな気がしてます。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

マリオが終わったんで.VSQ公開用の曲でも作ります

時間つぶしのマリオでしたが、記事を書いた後すぐにクリアしちゃいまして、昨日の時点でスターも120コ集めてオールクリアもしちゃいました。
前回の記事で簡単みたいな事を言ったけど、前言撤回、最後の10個くらいになるとやっぱり難しかったですね。
でも、難しさの質が違うというか、ミスの許されない減点方式の難しさでちょっとゲンナリです。
そして最後に120コ集めた後ラスボスを倒すと、真のエンディング?になって、ルイージでプレイ出来るようになったのですが、さすがにもーイイやと言うことで、次に行くことにしました。

最近、初音ミクならぬ「弱音ハク」が増殖中との事で、このままじゃまずい、何か支援物資が必要だろうと考え、公開用のVSQを作ろうと画策中なんです。

でもまぁ、そんなにスゴイものを公開するつもりじゃないのであんまり期待しないでください。プロ・上級者お断りと言う訳じゃないですが、内容的には簡単で誰でも知っている様なPD曲を適当に集めてそれをメドレーにして、ブログで公開しようかと思います。
こういうのって分かりやすいのが一番だと思うんですよね。
まず身内の反応を見てから、という事になるので最短で今週末、最長で17日くらいになるかと思います。

ついでに、ポイントをまとめたモノを記事に出来たらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »