« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月26日 (土)

「初音ミク」パッチが出ましたね。

ユーザー登録したアドレスに先日メールが届きました。
Versionは 2.0.4で、クリプトンのサイトにユーザー登録済の人は、そこからダウンロードできます。
鏡音リンをインストールしている人には関係ないのですが、ミク単体で使用している人にはダウンロードをオススメしているとの事。

因みに、先日不具合報告をした、あの串の歯になるバグは、間に合わなかったみたいです。
(間に合っていれば、リンとミク両ユーザーにダウンロードするように告知してきたはず)
発生原因が特定できないのでしょうがないですけど、CV03までには間に合うのかな?
がんばって欲しいところです。


「エディタの不具合記事」07/12/30
「vocaloidエディタ・GENパラータ編集の挙動がおかしいな」
http://takizawa.txt-nifty.com/vo/2007/12/vocaloidgen_9a53.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

SONAR7を使い始めて3週間

ソナシチを使い始めて3週間が経ちました。
今回新たに追加された音源、特にZ3TA+(ZETA Puls)が面白い、まだ全然使いきれて無いんだけど面白い音が出せますね。
この音源単体は2年くらい前にリリースされていたみたいですが、別に音源マニアでもなかったので全然スルーしていました。
プロも御用達のシンセだそうで奥が深いですね。1年は遊べそうです。

他にD-pro LEという、シンセ+オーケストラ音源も追加になったのですが、昔作ったクラシックのベトシチや、フィガロの結婚、チャイコフスキーの悲愴などを流し込んで楽しんだりします。
バリエーションに少し不満はありますが、思ったよりも良い音を出します。
ホントは、Vienna Instrumentsという音源が欲しいんだけど簡単に使いこなせそうも無いし、フルスペックそろえたら、ン十万、ン百万円という単位になるので全く手が出ません。
まぁ音源の質を何かに例えるとすると、魚沼産コシヒカリと、普通の高級コシヒカリの違いみたいなモノですから、正直違いなんて然程分からないと思うので、しばらくD-pro LEでがんばります。

リンも平行して使っていますが、LP-64 EQというエフェクトを上手く使うと、良い声質が作れそうですね。時々人間っぽい声がしたりしてドキッとします。
VOCALOID2で廃止されたレゾナンスの代用に使えないもんかなぁ。
ただ。マスタリング用エフェクトなので、リアルタイム演奏に耐えられないのですが、なんとかリアルタイムでも使いたい。
新しいCPUに変えようかなぁ?

検索用:soner7、SPNAR7、sinar、ソナ7、ソナー7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »