2008年3月 9日 (日)

FLASH CS3を衝動買いしてしまった

2月の話なんだけど、本格的に動画(アニメ)を作るため「FLASH CS3」を買っちまったであります。
とりあえずフリーのツールでFLASHをはじめたんだけど、最終的に動画作成がどうしても弱かったんで結局買うことになりました。。。
趣味で使うにしては、結構高い買い物だけど、元を取るために色々遊んでいます。
最終的には、動画だけじゃなくゲームなんかも作りたいですね。
そう、、、初音ミクのゲームも解禁になった訳だし・・・

さて、CS3の推奨する動画出力環境がクイックタイムなんだけど、も~~~クイックタイムは本当に使い物になりませんな。
h.264での出力は、そのモードでしか出せないみたいなんだけど、絵が重いとドンドン遅れてタイムテーブルどおりに実行しなくて音とずれてくるし、どうしようもないです。
AVI形式だと、cinepackやWMVでも出るんだけど、綺麗に出ないんだな。コレが!
で・・・結局DivXで出力することにしました。コレが結構綺麗に出るので、そこからFLVに変換しています。

・・・ココで、引っかかっている人もいるかと思います。なぜFLVで直接出さないのか?と・・・

最初は自分でもそう思ったんだけど、マニュアルに「FLVの変換は時間が掛かるので一旦別な形式に出してください」という事が書いてあって、ナンだか?そうせざるおう得ない模様です。
プレヴューではDivXで見れたほうが手軽で良いので、結局、最終のマスターリング的な事だけを「Flash Video Encoder」を使ってやっています。
確かに変換に時間が掛かってしょうがないので、このほうが効率的ですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)